焼酎で痛風は予防出来るのか

MENU

焼酎で痛風は予防出来るのか

ビール好きの人が悩まされる病気の1つに痛風と呼ばれるものがあります。
痛風とは読んで字の如く風が吹いた程度で手足の関節に激痛を覚える疾患のことです。
激痛に伴って関節などの炎症も見られるため、
こうした症状に覚えがある方はすぐに病院を受診しなくてはいけません。
痛風の原因としてよく挙げられるのが、ビールや納豆などに含まれているプリン体です。
体内にプリン体が蓄積されると尿酸と呼ばれる物質が過剰に生産され、これが痛風を引き起こしています。
それならば、お酒好きの人はプリン体の少ないものに替えて楽しめば良い。
そんな思いから痛風の人には焼酎がおすすめという噂が広がりました。
今回は、そんな焼酎と痛風の関係について詳しく見ていきます。
確かに焼酎はビールと比べてプリン体の値は100分の1程度です。
ビールを1杯飲むのと焼酎を100杯飲むのが同じプリン体の量なら、
やはり焼酎を飲むべきだと考える方もいるでしょう。
ビールや焼酎飲みを比べてみるとそうなりますが、もっと大切なことを見逃しています。
それは、痛風予防で大切なのは尿酸の値だという点です。
プリン体の摂取量を減らすことももちろん重要ですが
、尿酸が分泌される原因はそれだけではありません。

実のところ、お酒が体内で分解される過程でも尿酸の生産は促されているのです。
つまり、痛風対策に本気で取り組みたいのであれば
アルコールそのものの摂取を控えるべきということになります。
痛風の初期症状でお悩みの方や尿酸値が高い人がビールから焼酎に切り替えるのは、
痛風対策の第一歩ではあるでしょう。
しかし、それだけで痛風が完璧に予防できるわけではないという点を心に留めておいてください。

 

健康には気をつけて飲みましょうね、新鮮な食材を使用している観世水はオススメですよ。