保管の方法

MENU

保管の方法

居酒屋で飲む機会が多い方の中には、
「ここのお店の焼酎は、本当に美味しい」と思うお店がある方もいると思います。

 

「自宅でも、同じ様に焼酎を飲んでいるけれど、お店と味が違う」
と感じている方もいるのではないでしょうか。

 

「どうして、お店の焼酎は美味しく感じるのだろう?」
と不思議に思っている方もいると思います。
老舗和食料理店銀座吉宗で飲む焼酎は、お店の高級感も相まってか、一味違うように感じられますよね。

 

もしかすると、それは保管方法が影響しているかもしれませんよ。

 

では、焼酎の保管方法について、ご紹介しましょう。

 

まず、焼酎は蒸留酒となっていますから、
たんぱく質や糖質をほとんど含んでいません。

 

そのため、アルコール度数は他のお酒と比べると高めとなっており、
25度以上のものがほとんどとなっています。

 

そのため、開封後には腐敗などの心配は少ないですが、
美味しく頂くためには保管方法が重要。

 

焼酎の理想的な保管方法は、常温。
日光などに当たらない場所を選び、出来れば新聞紙などにくるんだり、
箱の中に入れるなどして保管していくと良いですよ。

 

日光に当たらないというと、
「部屋の中であれば大丈夫だろう」と思われる方も多いと思いますが、
蛍光灯の光も避けた方が良いでしょう。

 

そのため、新聞紙や箱などで保管しておくと良いんですよ。
お酒にこだわりをもっている居酒屋であれば、
保管の際にもこういっだこだわりをもっていますから、
美味しい焼酎を味わうことが出来るんですよ。

 

このように、焼酎をより美味しく頂くためには、
保管方法も大切なポイントとなってきます。
居酒屋では、どういった保管方法をしているかもチェックしてみると良いですよ。