甲類焼酎と乙種焼酎

MENU

甲類焼酎と乙種焼酎

お酒好きの方は、それぞれ好きなお酒があると思います。

 

「ビールしか飲まない」という方もいれば、
「ワインが好き」という方もいるでしょう。

 

そんなお酒好きの方の中には、
「焼酎が好き」という方も多いのではないでしょうか。

 

居酒屋などでお酒を飲む際にも、
焼酎を注文する方、多いのではないでしょうか。
焼酎を楽しむためには、知識も得ておくと良いですよ。

 

では、焼酎の甲類焼酎と乙種焼酎について、ご紹介しましょう。

 

実は、焼酎には甲類焼酎と乙種焼酎という2つの種類があります。
これは、ご存知の方が少ないのではないでしょうか。

 

どういった違いがあるかというと、
甲類焼酎は明治時代に導入されている連続式蒸留器で上流され、
36度未満のアルコール度数となっているもの。

 

甲種焼酎の場合には、
サワーにしたり、酎ハイなどで楽しむ際に向いている焼酎となっています。

 

乙種焼酎は、単式蒸留器で蒸留され、45度以下のアルコール度数のもの。
蒸留は一度しか行わずに作られるため、独特の味わいが残り、
原料の風味などを味わえる焼酎となっています。

 

どうしてこういった呼び名になったのか、気になっている方もいると思いますが、
それは1949年に定められた酒税法制定によるもの。
税収により、甲、乙と呼ばれるようになり、
現在でもこういった呼び名をされていることになります。

 

このように、焼酎を楽しむ際には
どちらの種類の焼酎なのかもチェックしながら楽しむと良いですよ。

 

作り方によっては、味わいもアルコール度数も変わってくることになりますから、
飲み比べてみるのも楽しいですよ。