マニアックな焼酎の種類を知ると楽しい!

MENU

マニアックな焼酎の種類を知ると楽しい!

居酒屋で焼酎を頼むとき、多くの方が芋焼酎や麦焼酎、米焼酎を注文するかもしれません。
それだけ、オーソドックスな種類なのですが、実は日本酒と違って焼酎は、
さまざまな原料で作ることができる、ユニークなお酒でもあります。
どれも、原料独特の良い香りを楽しめる逸品ばかりですので、
焼酎好きの方には一度は試していただきたいものばかりです。では、早速言ってみましょう。

 

●そば焼酎
日本人の愛してやまない麺類のひとつ、といえば蕎麦ですよね。
そんな蕎麦の味を使った焼酎が、そば焼酎です。
1973年に雲海酒造によって作られて以来、ロングセラー商品として人気が高い逸品です。
そば湯などを割っても美味しく飲める、という通もいるようなので、
居酒屋で試してみても楽しいかもしれませんね。

 

●粕取り焼酎
粕取り焼酎というと、少し馴染みの無いという方もいるかもしれません。
こちらは、清酒を作る際に出てしまう搾り粕に、籾殻を混ぜて作られる珍しい焼酎です。

 

近年の焼酎ブームの再来により、復活したと言われており、
案外今注目度が高い焼酎として人気なのです。
しかし、作れる酒造も少なくなったりと、
存続の危機に晒されてるレア焼酎となってしまっているようです。
今後の発展を期待したい、一本です。

 

●ユニークな焼酎たち
他にも、楽しい焼酎はさまざまあります。栗焼酎、牛乳焼酎、山芋焼酎、胡麻焼酎などがあります。
そのどれもが、独特の風味を持っており、楽しく華やかな味わいです。
ぜひ、居酒屋で珍しい焼酎を見つけた際には、楽しんで飲んでみてはいかがでしょうか。