九州は焼酎の名産地

MENU

九州は焼酎の名産地

焼酎というお酒は、糖分を含む食材であれば何でも材料になるのが大きな特徴です。
糖分を含むもの中でも特に炭水化物は私たちが生きていくうえで欠かせない食料です。
お米や麦、ソバなど主食として食べられる植物は日本全国で栽培されており、そのためその土地ごとに焼酎の味わいも変わってきます。

 

そんな中でも焼酎の名産地として知られているのが九州地方です。
九州で生産されている焼酎の特色を見ていきましょう。

 

鹿児島県では、サツマイモを用いた焼酎造りが盛んに行われています。
芋焼酎はもともと地元の人しか飲んでいませんでしたが、
焼酎の匂いを緩和する工程が開発されたことによって、他の地方の人たちからの需要も増えたのです。

 

フルーティーで爽やかな鹿児島県の芋焼酎は、現代においては焼酎の代名詞として全国的に知られています。
熊本県で造られている焼酎の大部分は、お米を原料にしています。

 

有名な球磨焼酎は、そんな熊本県の焼酎の中でもごく一部の地域の地下水を使用したものに限られます。
米焼酎という括りの中でも別格といわれている球磨焼酎を、1度ご賞味ください。

 

大分県は、もともと日本酒造りが盛んな土地でした。
それが1970年代に麦麹の開発に成功して以来、麦焼酎の産地として全国的に知られるようになったのです。
麦の軽やかな味わいと風味を損なうことなく造られた大分県の麦焼酎は、職人たちの努力の賜物といって良いでしょう。

 

長崎県の焼酎といえば、壱岐地方が有名です。
米麹と麦麹を一定の割合で混ぜ合わせるという特殊な手法によって、爽やかな口当たりと引き締まった味わいを実現出来るのです。

 

九州地方の焼酎を飲んでみたいという人は、自分で購入するよりもお手軽に飲める居酒屋やバーを訪れてみましょう。
http://shibuya-kemuri.net/