麹で変わる焼酎の味わい

MENU

麹で変わる焼酎の味わい

居酒屋やバーなど様々な場で焼酎を飲む機会が増えてきました。
焼酎の特徴は、芋や麦、米など糖分を含む原料を使っているという点です。

 

特に本格焼酎と呼ばれる種類においては、原料の風味を生かした焼酎造りが行われています。
すなわち、原料によって焼酎そのものの味わいが大きく変化するのです。

 

焼酎初心者の人は原料をもとにして色々な焼酎を飲み比べてみるのも良いでしょう。
そして、焼酎をもっと深く知りたいと思ったら、麹にも注目してください。

 

焼酎は原料と水、麹を混ぜ合わせて発酵させるという過程を踏まなければ製造出来ません。
麹には大きく3種類あり、同じ原料であってもどの麹を使うかによって口に入れたときの味わいも異なります。

 

現在の焼酎造りで最もポピュラーなのが白麹を用いた焼酎です。
白麹の特徴は、口当たりの爽やかさです。

 

芋や麦など香りの強い原料を使うときは、白麹で口当たりをマイルドに仕上げてバランスをとります。
ロックや水割りにすると、爽やかさがより引き立つのでぜひお試しください。

 

黒麹と呼ばれる麹を用いたお酒で有名なのが沖縄の泡盛です。
泡盛は焼酎の一種として数えられることもあり、製造方法も似ています。

 

白麹で造られた焼酎との違いは、味に奥行きがあるという点です。
原料の風味を損なうことなく、さらに深みのある味を楽しみたいという人は黒麹で造られた焼酎を飲んでみましょう。

 

最後にご紹介するのが、黄麹を用いた焼酎です。
品質管理の難しさから焼酎造りには不向きとされていた黄麹ですが、現代では技術の進化によってフルーティーな香りを持つ焼酎の原料として重宝されています。
居酒屋などで焼酎を頼む際には、麹にもこだわって選んでみてください。

 

美味しい焼酎が飲めるおすすめな居酒屋。http://sakae-ren.com/