焼酎と食べたい洋風おつまみ

MENU

焼酎と食べたい洋風おつまみ

和食によく合うイメージの強い焼酎ですが、
洋風の味付けのおつまみにもよく合います。

 

焼酎のおつまみの定番の一つに、貝の酒蒸しという料理があり、
居酒屋でもよく提供されています。

 

それはあさりやはまぐりといった貝を日本酒で蒸して調理する料理なのですが、
調理の際に使用するお酒をウィスキーに変えてみるのです。

 

日本酒よりもアルコール度が高いウィスキーを使用することから、
フランベした状態になり日本酒で調理したのとまた別な深い味わいが出てくるのです。

 

マヨネーズを使用したおつまみも、焼酎に合います。
マヨネーズはサラダにかけるだけでなく、調味料として使用しても美味しくいただけます。

 

焼き魚も焼酎のおつまみとして、
居酒屋でもよく提供されてるメニューなのですが、
これをマヨネーズ焼きにすることによって洋風の味付けに変わります。

 

人によっては苦手な種類の魚もあるかと思いますが、
マヨネーズで味付けすることによって魚の持っている独特の臭みが取れて、
食べやすくなるのです。

 

焼酎によく合うサラダですが、和風の味付けでも焼酎と美味しくいただけます。
たとえば洋風居酒屋でよく提供されているカルパッチョという料理がありますが、
魚介類をオリーブオイルと塩コショウで味付けして調理します。
魚介類以外にも野菜やトマトと組み合わせて食べますので、
ヘルシーなおつまみです。

 

揚げ物料理も焼酎とよく合います。
揚げ物でもチーズを混ぜて焼くことで洋風の味付けになりますが、
これも意外と焼酎とよく合いますので試してみてください。
渋谷の茜屋でも焼酎が楽しめます。