焼酎と日本酒の違い

MENU

焼酎と日本酒の違い

焼酎と日本酒は、どちらも日本で昔から飲まれてきたお酒です。
居酒屋へ行くと大抵どちらのお酒も置いてありますが、
両者の違いについてはよく知らないという人も多いのではないでしょうか?
今回は、日本酒と焼酎の製造方法や味の違いについて詳しく見ていきましょう。
日本酒はお米を原料としていますが、
焼酎はお米だけではなくソバや黒糖、麦、芋など糖分を含む多くのものを原料にして作られています。
製造方法の違いも見ていきましょう。

 

日本酒はお米と麹、水の3つを発酵させたもろみという液体をろ過したお酒です。
アルコール度数は比較的低く、お米の香りや風味が色濃く残っています。
一方で、焼酎は先ほどご紹介したような
原料と水、麹を醸造させた後、蒸留という方法で水分や糖質を飛散させています。
その結果アルコールが残るため、焼酎の方が日本酒よりもアルコール度数が高くなるのです。
同じお米を原料に日本酒と焼酎を作っても、
その味わいやアルコール度数に違いが見られることは想像に難くありません。
飲み方に関しても、日本酒と焼酎には違いが見られます。
日本酒はワインと同じ醸造酒ですから、
基本的には水やお湯で割るといったことはしません。
焼酎はストレートで飲むとアルコール度数が高いため水やお湯で割って飲む、
ロックで楽しむという飲み方も一般的なのです。
日本酒と焼酎の酔いやすさを比べてみると、
意外にもアルコール度数の高い焼酎の方が酔いにくいのです。
その理由としては、日本酒よりも焼酎の方がたくさん飲みにくいことや蒸留の過程で不純物が取り除かれ、
肝臓がアルコールを分解しやすくなっていることが挙げられます。

居酒屋を訪れた際には、
焼酎と日本酒の違いを噛みしめながらお酒を楽しみましょう。

 

焼酎も日本酒もゆっくり味わいたいなら凛花がおすすめです!