米焼酎と熊本の郷土料理

MENU

米焼酎と熊本の郷土料理

焼酎と言えば、九州地方に名産地が集まっています。
芋焼酎と言えば鹿児島ですし、米焼酎と言えば熊本です。
米焼酎と言えば、その華やかな香りが特徴です。
最近は、低温発酵で造られたまるで吟醸酒のような焼酎も登場に、人気を集めています。
 

 

ではそんな、熊本の米焼酎に合う料理について紹介します。
熊本で造られた米焼酎には、やはり熊本の郷土料理との相性が抜群です。

 

中でもおススメなのは、「馬刺し」です。
馬刺しは、クセがあって苦手だと思う人もいるかもしれません。
しかし鮮度のいい馬刺しはクセが少なく、淡白な旨みと脂のコクが加わる事で、ほんのり甘くとろける食感が魅力です。
また他のお肉と比べても、栄養価が高く低カロリーなので、女性にもおススメです。

 

そして熊本には、王道の3つのおつまみがある事を知っていますか?
1つは先ほど紹介した「馬刺し」ですが、それ以外にも「からし蓮根」と「ひともじのぐるぐる」です。
からし蓮根は、料理名からどんな料理なのか食べた事がなくてもイメージ出来ますが、ひともじのぐるぐるって何?
その不思議な名称に驚く人もいるでしょう。

 

ひともじとは、小ネギの事で、熊本の伝統野菜にも選ばれるぐらい熊本では、長く食べられてきた野菜です。
そのひともじを茹でて、ぐるぐるに巻き、酢味噌やからし味噌で味付けした料理がひともじのぐるぐるという訳です。
シンプルな料理ですが、その分素材の美味しさを味わう事が出来、米焼酎との相性もバッチリです。

 

からし蓮根も、シャキシャキノ蓮根の食感と、穴にぎっしり詰まったからしの辛さにお酒もどんどん進みます。