芋焼酎と鹿児島の郷土料理

MENU

芋焼酎と鹿児島の郷土料理

鹿児島と言えば、日本一の芋焼酎の生産量を誇る地域で、美味しい焼酎がたくさん造られています。
そして焼酎の名産地だからこそ、鹿児島の郷土料理は、焼酎との相性が抜群です。
では、どのような郷土料理が焼酎に合うのか紹介していきます。

 

まず鹿児島と言えば、黒豚が有名で黒豚を使った郷土料理もいろいろあります。
そんな中でも焼酎との相性が抜群なのが「豚骨」です。
骨付きの豚肉をメインに、大根、こんにゃく、ゴボウなどの材料と一緒にじっくり煮込みます。

 

味付けは、味噌や黒砂糖に焼酎を加えるのがポイントです。
焼酎で味付けされた料理が焼酎と合わないはずがありませんよね。
濃厚な味噌と、じっくり煮込む事で柔らかくなった豚肉、そしてコリコリの歯ごたえが美味しい軟骨が絶品の郷土料理です。

 

肉よりも魚の方が好きという人に、おススメしたいのが「きびなご料理」です。
きびなごとは鹿児島の特産物で、2〜3月が旬となります。
刺身やてんぷら、塩焼き、ちり鍋などどんな調理法でも美味しく、焼酎の美味しさも引き出してくれます。

 

そして鹿児島と言えば、さつまあげが有名ですよね。
揚げたてのさつまあげは、本当に絶品です。
しかもさつまあげの材料は、小魚と豆腐、卵、にんじん、ごぼうなど、実は栄養も満点。
ここに焼酎があれば、もうそれだけで満足感が得られるでしょう。

 

芋焼酎はクセが強いため、おつまみに何を合わせていいのか分からないという人も多いかもしれません。
ですがシンプルに鹿児島で造られたお酒なので、鹿児島の郷土料理を合わせれば、どの料理でもしっくりとくるはずです。
私のおすすめはこちらのお酒が美味しいお店です。https://r.gnavi.co.jp/3aufxdd30000/