焼酎に合うイタリアン

MENU

焼酎に合うイタリアン

焼酎に合う料理といえば皆さんの多くは和食を第一に推すことでしょう。
日本で昔から飲まれてきた焼酎が和食に合うということは自明の理です。

 

最近では和食以外にも焼酎を美味しく飲むための料理は無いのかという探求が始まっています。
そんな中で見つかったのがイタリアンと焼酎の相性の良さです。

 

今回は、焼酎とイタリアンを美味しく食べ合わせる方法について詳しく見ていきましょう。
イタリアは北部と南部で料理の形態が大きく異なります。
北部は酪農が盛んなことから、チーズなどの乳製品を用いた料理がよく食べられているのです。

 

イタリアンのクリーム系料理と合わせていただきたいのが米焼酎です。
なぜかというと、イタリア北部でお米をリゾットやスープの具材としてよく用いており、比較的お米が身近な地域だからです。
チーズの濃厚な香りと米焼酎の旨味は驚くほどよく合います。

 

チーズリゾットとしてお米を食べているイタリア北部の人も納得の組み合わせです。
カルボナーラなどのクリームを使ったパスタも北部のイタリアを代表する料理です。
生?のモチモチとした食感の小麦の香りは、米焼酎の旨味をさらに引き出してくれます。

 

一方でイタリア南部ではトマトなどの野菜や魚介をメインに据えた料理が有名です。
アクアパッツアを代表とした魚介の旨味を感じられるメニューには、芋焼酎を合わせてみてください。

 

九州で盛んに造られている芋焼酎は、魚介の旨味と非常に相性がよく、日本でもよく見られる組み合わせです。
一方でピザマルゲリータやトマトソースのパスタといったトマト料理には、トマトの酸味を損なわない麦焼酎がおすすめです。

 

様々な焼酎とイタリアンを組み合わせて、お気に入りの食べ方を見つけるのも楽しいですよ。
イタリアンが楽しめるドックカフェ、NONgUL