色々なバリエーションで焼酎を楽しむ

MENU

色々なバリエーションで焼酎を楽しむ

最近は焼酎に炭酸水を加えて、ハイボールにする飲み方が人気があります。
ですが他にも、焼酎は色々な飲み方で、その味わいを楽しむ事が可能です。

 

ではどのようなモノを入れて飲むと焼酎が美味しくなるのか、いくつかそのバリエーションを紹介します。
焼酎の梅酒割りは、梅酒の爽やかな風味が加わり、焼酎が飲みやすくなります。
割合はお好みですが、1:1から試してみるといいでしょう。

 

焼酎はお茶で割ると、さっぱり飲む事が出来ます。
お茶の種類は、緑茶はもちろん、ウーロン茶やほうじ茶とも合います。
冷たいお茶でも温かいお茶でも割る事が可能ですが、割る際には注意点があります。

 

それは冷たいお茶なら、焼酎を先に注ぎ、後からお茶を注ぎます。
ですが温かいお茶の場合は、順番が逆になり、先にお茶を注いでから焼酎を加えた方が美味しく仕上がります。

 

クラッシュロックフルーツポンチとは、焼酎のクラッシュロックに、お好みのフルーツを加えてフルーツポンチにしたものです。
クラッシュロックは言葉通り、細かいクラッシュアイスを入れたものです。
そのため通常のロックよりもしっかり冷えるため、焼酎の味にキレが出ます。

 

他にも、焼酎をレモンやグレープフルーツなど柑橘系のジュースと割ったジュース割りは、アルコールに弱い人や女性にオススメの飲み方です。
コーヒー好きな人なら、焼酎を焼酎にコーヒーを加えると、深い味わいや香ばしさを楽しむ事が出来ます。

 

金魚割りは、当たり前ですが金魚を入れる訳ではありません。
グラスに氷と大葉と唐辛子を加えて、後から焼酎を注いでいきます。
グラスの中で唐辛子が金魚に見える事から、金魚割りと呼ばれるようになりました。

 

味は、大葉の爽やかな香りと、唐辛子のピリっとした刺激が焼酎と相性が良く、大人な焼酎の楽しみ方だと言えるでしょう。

 

私がよくいく結粋岐阜店の焼酎は安くておすすめです。