泡盛に何を合わせる?

MENU

泡盛に何を合わせる?

泡盛とは沖縄で造られている蒸留酒です。
その製法が焼酎とよく似ていることから焼酎の一種ともいわれています。
同じお米を使っている米焼酎との違いはお米と麹です。

 

泡盛ではタイ米を発酵させており、黒麹を用いて発行を促進します。
一般的な米焼酎は日本米と白麹で造りますから、味に違いが出るのも当然ですよね。

 

泡盛独特の香りとスッキリとした舌触りは、沖縄の人々だけでなく全国的にも有名なお酒として人気を集めています。
泡盛は熟成させるほど旨味が増すお酒です。
なかなか購入することが難しい沖縄の古酒も、沖縄料理店などでは提供していることもあるので一度訪れてみてください。

 

そんな泡盛と一緒にぜひ食べていただきたいのが沖縄料理です。
泡盛は昔から沖縄で飲み継がれてきただけあって、沖縄料理との相性は抜群です。

 

その筆頭として知られるチャンプルーは、ゴーヤなどの野菜に豚肉や豆腐といったタンパク源を加えて炒めた栄養満点の料理といえます。
使われる野菜としてはゴーヤ以外にもゴボウやヘチマ、トウガンなど様々です。

 

お家で作ることも出来ますし、沖縄料理店で本格的なチャンプルーを楽しむのも良いでしょう。
沖縄では泡盛にニンニクを漬けたヒルザキという漬物を食しています。

 

春野始まり頃に、瓶詰したニンニクの中へ泡盛を注ぎ込むのです。
そこから一年ほど経ったら完成です。

 

通常の漬物のようにご飯と一緒に食べても良いですし、風味を加えたいときに調味料として活用する家庭も多く見受けられます。
ニンニクの臭みが緩和され、旨味と甘みが凝縮されたような味わいです。

 

沖縄の人々の生活に根付いた泡盛を、沖縄料理とともに美味しくいただきましょう。